大切なお知らせ

愛銀ビジネスダイレクト[セキュアプラス]振込方法の変更に関するお知らせ

平成27年4月6日現在

これまでの振込方法(都度指定方式)の取扱停止

インターネットバンキングの不正送金被害は、平成26年は半年間で平成25年の被害を上回るなど過去最悪のペースで発生しております。特に法人のお客さまは、被害額が多額に上がる傾向があり、このため多くの銀行が振込取引に利用制限を設けております。

当行においても、セキュリティ対策の向上に努めておりますが、従来なかった新たな手口による被害が発生することも踏まえ、お客さまの被害の未然防止を最優先するために、当日扱い・予約扱いともに都度指定方式による振込の取り扱いを停止いたしました。

取扱停止日:平成27年4月5日(日)午前0時をもって終了

変更後の振込方法

(1)受取人番号方式

都度指定方式の停止に伴い、受取人番号方式による振込の取り扱いを平成27年4月6日(月)から開始いたしました。

受取人番号方式とは、受取人口座を事前に登録しておき、振込の際には受取人口座の登録番号(受取人番号)と送金金額を入力することで振込をご依頼いただく方式です。振込のご依頼は事前にご登録いただいた受取人口座に限定されますので、不正な口座への送金はできなくなります。

受取人口座の登録手続きにあたっては、当行所定の申込書に必要事項をご記入のうえ、お取引店の窓口までご提出いただきます。
 申込書はホームページからダウンロードいただけます。

なお、今回の変更はオンラインサービスの『振込・振替』のみであり、データ伝送サービスの『総合振込・給与(賞与)振込』は従来どおりご利用いただけます(受取人口座の事前の届出は必要ありません)。

(2)ワンタイムパスワード認証

ワンタイムパスワード認証を平成27年4月6日(月)から取扱開始いたしました。

ワンタイムパスワード認証のご利用を条件に、都度指定方式によるお振込をご利用いただくことが可能です(ワンタイムパスワード認証のご利用には、別途お申込が必要です)

ワンタイムパスワード認証とは、1回限り使用可能な「使い捨てのパスワード(=ワンタイムパスワード)」を用いた認証のことであり、不正送金の被害防止に大きな効果が見込めます。

ワンタイムパスワードは、キーホルダー大サイズのパスワード生成器(ハードウェアトークン)に表示され、1分ごとに自動的に切り替わり、そのパスワードは一度使用すると無効となります。

このため、悪意の三者に知られても、それを再利用して不正に取引されることはありません。

変更後の振込・振替をご利用いただく際の留意事項

4月6日以降、マスターユーザー以外のユーザー(管理者ユーザー、一般ユーザー)が振込・振替をご利用いただくには、事前に振込方法に関する利用者権限を変更していただく必要があります。

上記利用者権限の変更は4月6日以降に行っていただきますようお願いいたします。

利用者権限の変更は一般ユーザーではできません。マスターユーザーまたは管理者ユーザーが行ってください。

ご利用ガイドのリニューアル

今回の振込方法の変更に伴い、ご利用ガイドを改刷いたしました。

新しい振込方法等の操作手順については、新しいご利用ガイドでご確認ください。 

ページの先頭へ

インターネットバンキング 愛銀Aiダイレクト

店舗・ATMのご案内

お客様サポート

  • CS宣言
  • 各種手数料
  • キャッシュカード等の紛失に遭われた場合
  • お問い合わせ先
  • お申し込み・資料請求
  • よくあるご質問
  • 金融犯罪にご注意ください
  • おからだの不自由な方へ
  • キャンペーン情報

無料で不正送金やウイルスをブロック。 SaATNetizen。詳細・インストールはこちら


  • モバイルサイトはこちらのQRコードから
  • スマートフォンサイトはこちらから