大切なお知らせ

WEBサイトのセキュリティ強化について

平成20年9月29日

弊行では、弊行WEBサイトをより安全にご利用いただけるよう、フィッシング詐欺への追加対策として、EV SSL証明書を導入しました。

EV SSL証明書について

EV SSL証明書の特徴

EV SSL証明書は、サイトを運営する企業の実在性をより確実に認証する証明書であり、InternetExplorer7やFirefox3などのEV SSL証明書に対応したブラウザをご利用いただくことで、お客さまが現在閲覧しているWEBサイトが愛知銀行の正当なサイトであることを、より視覚的かつ容易に確認いただけます。

対応ブラウザでの表示例

InternetExplorer7.0で弊行のSSL暗号化通信を行うサイト(※)にアクセスした場合には、アドレスバーが緑色に変わり、アドレスバー右側にSSL暗号化通信を表す鍵のアイコン表示と、サイトを運営する組織(TheAichiBank,Ltd.)と証明書を発行した認証局(VeriSign)が交互に表示されます。

アドレスがhttps://secure.aichibank.co.jp/で始まるサイト

イラスト:弊行WEBサイトではEV SSL証明書を導入しており、WEBブラウザのアドレスバーにSSL暗号化通信を表す鍵のアイコン表示とサイトを運営する組織の名称が表示されます

インターネットバンキングの取引画面の場合、ウェブサイトを運営する組織の表示は、業務委託先の(株)NTTデータ(英語会社名)となります。

弊行WEBサイトのそのほかのセキュリティ対策

1. 電子証明書付きメールの導入

お客さまに送信します愛知銀行ドメイン(xxxxx@aichibank.co.jp)の電子メールには、送信元の真正性を認証する電子証明書を添付しております。これにより、メールが本当に愛知銀行から送信されたメールであることが確認でき、フィッシングメールと見分けることができます。

2. セキュリティソフト「SaAT Netizen」の無償提供

パソコンのキーボード入力情報の暗号化、不正ウィルスの侵入防止および駆除等を行うセキュリティソフトが、弊行ホームページから無料でインストールできます。
(当行WEBサイトにアクセスしている間にご利用いただけます)

ページの先頭へ

インターネットバンキング 愛銀Aiダイレクト

店舗・ATMのご案内

お客様サポート

  • CS宣言
  • 各種手数料
  • キャッシュカード等の紛失に遭われた場合
  • お問い合わせ先
  • お申し込み・資料請求
  • よくあるご質問
  • 金融犯罪にご注意ください
  • おからだの不自由な方へ
  • キャンペーン情報

無料で不正送金やウイルスをブロック。 SaATNetizen。詳細・インストールはこちら


  • モバイルサイトはこちらのQRコードから
  • スマートフォンサイトはこちらから